大阪帝塚山 考祥館 気学の部屋 

大阪帝塚山 考祥館 気学の部屋

今月の予感

気学による今月の運勢

2018年の予感
平成30年2月立春~平成31年2月節分の運勢

“「2018年の予感」は毎月の予感と同様に九星の運行から導きだしたもので、九星術ではありません。従って、今年はこうだというのではなく、このようなことが起こりやすい環境にあるということですから、過大な期待や不安感は失敗につながりかねませんので、注意或いは参考程度にして下ださい。

例えば、「離別」と言う語句があったとすると、それは親しい人と離別を意味しますが、実際にそうなるか否かは別の要素で判断することです。離別が困るならその原因を作らないように心掛けることですが、人によっては離別歓迎ということもあります。その時点で悲しい離別であっても時間を経たら、あの時別れて良かったなどという結果の善し悪しも同じです。

現実になるか?、悲か喜か?、結果は?すべて運気の強弱によるものではなくて、過去の移転方位と長年居住した家相がこれらを決めるのです。”
*気学の部屋 Web より引用

http://www.kosyokan.com/2018.html

©kosyokan.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク